MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

#教えてくれた曲を真面目に聞いて真面目に感想言う

最近体調悪いのは新しい音楽に触れていないからです。ごめん嘘。秒で嘘ついた。冬だからだわ。

意外と最近新しい発見をしてなくて、ツイッターで募集させていただきました。
「#教えてくれた曲を真面目に聞いて真面目に感想言う」

まとめてやらせていただきたいと思います。


cali≠gari-ブルーフィルム


カリガリってV系じゃなかったっけ?
V系って頭で聞いたら「ん?」っていう発見が多い。
メロディーが歌謡曲だし、音像はニューウェーブに通ずるものがある。
「〜なのです」って語尾にするとすっごい90年代J-POPやね。
正直初見(聴)は「ダッサ!」って思ったけど、なんていうんですか、僕プラツリ大好きなんですけど、そこら辺と同年代って思うと腑に落ちるっていうか。

メイクすごいな。オイ、マジかよ。
完全にドラァグクイーンでワロタ。

ライブだとドライブ感が増して会場が盛り上がっててちょっと面白いですね。

Base Ball Bear - 新呼吸

結構割りと周りに「マジか。通ってそうなのに」って言われるのがべボべ。
「へぇ〜ひさ子ここのギターもしてるんだ〜」って最近思った。そのくらい。
あと初期ノベンバにドラム貸してたって思い出。そんくらい。


さて教えてもらったこの曲。

歌うまいからバラードはえるなあ初めて聞いたわベボベのバラード。
歌い方が好き、はっきり発音するんだね。
と思ったら途中のドラムロールなにこれ、アツい。
そっから早口パートアツい。

GOING UNDER GROUND好きなんですけど、あの人たちおっさんになっても高校生みたいな詞書くんですよ。
小出さんもそういうタイプなのでは?めっちゃ青い詞書くヒトでしょ?この人

次世代ナンバガみたいに言われてた時期があったそうだけど、この曲はいい意味でも悪い意味でもそうは思わなかった。

っていうかドラムが終始かっこいい。これが率直な感想です。
でもハマるかどうかって言われたら微妙かな・・・もうちょっと尖ってたら聴くかもみたいな・・・

DIIV-Doused


まあそんなとこから来るわ。読み方は「ダイヴ」なんだって。
アメリカ出身のインディーバンド。

なんだよ、オイ。ドチャグソかっこいいじゃねえかなんだこれ。
インディーロック感あるパリっとしたギターにめっちゃふわふわしたボーカル。
ぜったいCure好きだ。この人たち。

かっこよすぎたので同曲のライブ動画も見てみました。

かっこいいからくねくねしてギターを弾くな。真似したくなるから。
どのライブ動画見ても観客沸いてやがる。音圧なんていらなかったんや。これが世界だ見てるか日本?
なよっとしたナードなボーカルがずっと聞いてられるし、気負わなくて聴けるね。素晴らしいありがとうななしくん。


そういえば、インディーロックという言葉。
たびたび認識の相違が起こるんだけど、「インディーズのレーベルに属してるロック」という意味ではないのよ。
そういうジャンル(っていうのもちょっと違う気がするけど)という認識でオナシャス。
語源は同じ独立的、自主制作的な団体って意味なんだけど、そこから「メジャーとは違うような、ナードさを持った」っていう感じというか。もう知らん。ナードの意味はもうググれ。そういうことだ。後期のガリレオガリレイとか聞け。









こうやって情報交換できたらいいなって思います。
僕だって知らない音楽はまだまだあるから、ワクワクが止まらねえぜ。
ディグってこうぜ、チェケラ。