読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

リライト新録これってどうなの

間違いなく現在の日本最高峰のロックバンドはASIAN KUNG-FU GENERATIONだ。
OASISに「ファッキンクールな名前だぜ!」って言われたぐらいにはもう「J-ROCK好きでアジカン聞いてないやつおる?」ってなってた。
好きか嫌いかは置いておいて、彼ら以上の日本のロックバンドを挙げろって言われても思いつかないかもしれない。
だって凄いもの。説明いらんでしょ。

んでそんなアジカンの名盤「ソルファ」
これが再録されてるわけですよ。
20代の楽器やってる奴、下手したら宇多田ヒカルの1stアルバムより聞いてる率高いアルバム。

そんでその中の「リライト」
もう説明いらんでしょ。ハガレンやぞ?ハガレン。俺が最初に弾いた曲もリライトやがな。
消してー!!!!!!!なんて流れたとき歌えない20代のメガネかけた男性は100%おらん。

もう勝手に断言しすぎててクソブログって言われそう。
まぁいいや。

そんなリライト再録を見て聞いて個人的に思ったことをまとめました。


まずは見てみよう


こっちが古いほうで


こっちが今回発表されたほう。

演出について

まず情報としてすぐ目にできる演出を比べてみよう。
そもそもこのリライトって曲、曲の歌詞のテーマが掴みづらいって思ったことない?
誰にでも共感するような歌詞性じゃないし、恋愛とかなんかそういうテーマじゃない。

わかりやすい例としてクリープハイプ

恋愛にフォーカスを当ててるのでMVの演出も恋愛ドラマを作ってしまえばいいわけだ。

対してこのリライト。
「過去の自分に見切りをつけて、いざ成長するぜ!更新するぜ!」ってことなんだろうけど、MVの演出には使いづらいかも。スポーツ選手が新記録叩き出すみたいな展開しか浮かばない。それは俺が愚かって話は置いておいてね。

というわけで新旧とも下手にストーリー性を出したドラマめいたMVよりも、バンドでしてますよ!ということを主張したMV
これは大正解と思える。現にMVを初めて見た自分も「うっわ!!これがロックバンド!!うわ!!」とテンション激上がりした。変に俳優とか挟まないほうがいい。もうそのまま演奏シーンでかっこいいのだ。

そう見た時に、
後ろの人垣いらんくない・・・?



これが一つ目。
旧MVを見てみよう。壁一面に無骨に並んだスピーカー。震えるカメラワークで爆音ってことがわかる。
もう「これがロックバンド!!」って主張がヤバイ。素敵。
新MVはぴょんぴょこ踊るねーちゃんやらにーちゃんがメガホンを嬉しそうに振り回してる。リライトなんてマジでキラーチューンなんだからどこだって流れたらこうなる。それはわかるんだけど、妙にポップス感があるというか、安っぽさを感じないですかね?
”よくわかんねえ場所で爆音で演奏してる”のと”みんなでわいわい歌ってる”ではどっちがロックバンドなのかっていうと、まぁ…ね。これは懐古厨っぽい考え方だなって今書きながら思いました。

はい次二つ目
マローダー使えやゴッチ

個人的にとても残念だった点。
マローダーっていうのはゴッチが使ってるギターの機種名。
アジカンを組んだ当初使ってたギターだけれどもどうも音の出が良くなくて使わなくなった、でも見た目が最高に好きで一生使いたいからMVの演奏シーンのみマローダーで弾くということをしていたんですよゴッチは。
マローダー自体はもう多分君繋ファイブエムのときには使ってないくらい古いギターなんだけれどもMV的には「転がる岩、君に朝が降る」くらいまでは使ってた馴染みのあるギター。


それを今でも使えってわけではないんだけど、「オペラグラス」とかでは使ってなかったし。
ただリライトをもう一度やる!という今回のMVでは使ってほしかったなー・・・ってとても思います。
当時のゴッチに憧れてマローダー買った人とかも知ってますしなんかこう寂しいよね・・・

再現性の話。
新MVの水中に沈むシーン、旧MVのとおり(物理的に)上に行ってほしかったんだけどなんで沈んだんだろう・・・
あのワイヤーで宙ぶらりんになるシーン、変にシュールでそこが好きな人もいたし、なによりなんか映像効果で宇宙行ってて「あ、やばいめっちゃ浮かんだ」っていうのがリライトっていう歌詞テーマにも合ってた気がするんだけど・・・
宇宙=深海みたいな図式なんかな。

音、アレンジについて

単純に音圧が上がってて聞いたときのインパクトがあってカッコいいですね。
ギターの手数もちょいちょい変わってて昔よりも演奏技術が上がってていい。

ゴッチが最近よくやるオク下コーラス重ね
これってどうなの?
初っぱなのAメロから薄くコーラスが重なってて、ラスサビ前はもっとわかりやすくなってる。
これは単純に重厚感が出てて好きなんですけど、「昔より声出ないからこういう効果をつけている・・・?」と思ってしまう自分がいるのです。いやライブ見てないからわかんないけど。
どこぞの木下◯樹じゃないんだし大丈夫だと思うけど。
ラスサビ前のアレンジはアレかっこいいと思う。

ベース超よくなってる
リードギターはほとんどフレーズが過去と一緒なのに対してベースは節目節目のフレーズが変えられてて、うねりが増してる。
バイっすよアジカンの仏こと山田さん、やはり仕事人である。




総評

アレンジや音はかっこよくなってて良いけど演出どうなの

僕的には過去と同じ背景とかセットで今のアジカンがやるとか、それでいてワイヤーシーンがドハデになるとかそういうのを期待してたので、うーんってなりました。
音はマジでかっこいいし「ソルファ」再録は買います。僕は「24時」と「サイレン」の再録がどうなるか気になります。