読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

秋田生まれなんですけど渋谷系が好きです。


最近あった話なんだけど、バイト先でね、こう、「どんな音楽好きなの?」ってパートのおばさまに言われたんですよ。
んで僕は「最近は渋谷系とか好きですね〜」って言ったの。
そしたら「やだやだ、私最近の音楽とかわかんないからw」って言われたの。

いやいやいやいや渋谷系流行ったの90年代初頭ぞ!??!?
知ってると思って言った俺の「そっすか・・・」感を感じてほしい。

そしてシティポップがバンド界で大旋風を巻き起こしている今!(シティポップに関してはまたあとでなんか書くね)
その源流である渋谷系を聞いてみるのもいいんじゃないでしょうか!!
源流?源流なのか?源流でしょきっと。俺の予想。

というわけで今日はちょっと昔日本で流行った「渋谷系」という音楽について。
渋谷系とは

渋谷系しぶやけいシブヤ系とも)、若しくは渋谷系サウンドとは、東京渋谷渋谷区宇田川町界隈)を発信地として1990年代に流行した日本ポピュラー音楽J-POP)の一部の傾向を分類化したものである。明確な定義が存在せず、バズワードとなっている。

Wikipediaより

ふーん。
つまりそこら辺の時代で渋谷を震源地として流行った音楽ってワケね。
どういう音楽かというと、既存のJ-POPにアシッドジャズやネオアコ、ヒップホップめいたブラックミュージックを混ぜたもの。
ほらここ文字で書いたら完全に今のシティポップブームじゃん!
シティポップ参考音源として俺の中で流行りすぎて意味わからんバンドSuchmosを貼っておきますね。


わかった?すんげー大雑把に言うと「オシャレな奴がオシャレで都会的な歌をやってる」って感じがシティポップです。東京人以外は死ねというのか。残酷か。我秋田生まれぞ?地方都市でサイゼ食ってるぞ?
はい。これの源流ってことで話を進めていきましょう。

じゃあ色々聞いてみよう

Flipper'sGuitar「恋とマシンガン」


聞いたことあるよね?ね?
なぜかこのイントロ、バラエティー番組とかで未だに使われてる。
そう、これですよ、これが渋谷系
アコースティックな雰囲気もあり、ジャズの要素もてんこ盛り。スウィングしとるもん。
とりあえずこれが一番有名かな?聴いてみよう。聴いて紅茶とか飲もう。

よくわからんって人も大丈夫。
そもそもウィキに「明確な定義がない」って言ってるし「あ、なんかカフェとかでかかりそう?」くらいの認識でいいぞ。

capsule「レトロメモリー
 

カプセルって言ったら僕JUMPERを思い出すんですけど、あれってゴリッゴリのエレクトロじゃないすか。
でも昔渋谷系やってたんすよ。
女性ボーカルが活きるんだろうね、こういうの。
ネオアコでアシッドジャズな良さと、4つ打ちキックのエレクトリックなダンス要素をうまく融合させてるね。
は?中田ヤスタカ天才か?天才だわ

Cymbals「Highway Star,Speed Star」


僕が渋谷系で一番好きなバンドですわ。あ^〜〜〜〜〜〜〜
この曲を運転中にかけちゃダメだよ。死ぬから。スピード出しすぎて死ぬから。
これまで紹介した渋谷系とは違って、アコギじゃなくてエレキをこう、小気味良く歪ませて疾走感ばっちり。
当時のキャッチコピーは「パンク+ジャズ」みたいな、そんな雰囲気だったんじゃなかったっけ?
生バンド、それもロックバンドが渋谷系をしたらこんなに気持ち良いもんになるんですね。
これ運転中に聞いて死にましょう。僕は車持ってないんでできません。
いいな〜俺もCymbals聞いて死にてえ〜〜〜〜(物騒)

カジヒデキ「甘い恋人」


間違えて根岸崇一バージョン貼っちゃった〜〜てへぺろ
知ってますか?「デトロイドメタルシティ」っていう馬鹿みたいな(褒めてる)漫画(及び映画)
その作中の歌なんですけど。
作中では「そんなダセェぬるくせえ音楽やってねえでメタル!」みたいな扱いなんだけど
いやこれすごくね?むちゃくちゃキャッチー。根岸くんこれ書いてるって思うとすげえな。
甘い甘い甘いとかむっちゃわかりやすいじゃん。でもこれすげえ後ろ練られてるね。ベースきもっちいい。メタル!
メタルも好きだけどこっちのがやべえって思っちゃうな俺は。うん。
でもポロシャツはダサいと思う。

で、最近の渋谷系はどうなの?
冒頭で言った「シティポップ」
これまた定義が明確じゃなく、
Suchmos

cero



YkikiBeat



スカート
も(いいかこれは絶対に聞いてくれ本当に俺好きすぎてヤバいバンドですしょっちゅう好きツイートしちゃうしほんと好きボーカル澤部最高結婚してくれ)


なんかそこら辺をシティポップってくくっちゃう流れがあるんですよね。
上の3つ聞いてもらうとわかるんだけど結構違いある。
全然同じジャンルに思えん。
多分東京にいるからシティとか言ってる。山手線使ってる人じゃないとシティポップ作っちゃダメとかいう法律が多分ある。
知らんけども。
まぁこれらが引き継いでるって考えが妥当。

でもねでもね、僕が「アッ!!!!これ超渋谷系やん!!!」って思うバンドはこれ
カラスは真っ白

女性ボーカルにジャズっぽいコードを使ったそれよ。っていうかプロデュースにCymbalsの人ついてるし、もうソレ。
このバンド、全然楽器とか知らねえ人が聞いても「JapaneseKAWAII!!なんかリズムいいしメロディーもかわいくて好き!」ってなるんですけど、楽器やってたらわかるバカうま楽器隊。
なんでもこの人たち元々ジャズセッションやってた人たちみたいで。
それにサブカル女子〜〜〜なボーカルを入れてできたバンド。ちなみに僕はサブカル女子好きなので褒めてます。本当だって。信じて。


このサニーサイドアップって曲のギターソロの音感のヤバさ。(1:40辺りからソロ)
僕そんなギター弾けません。
ってか左の人かわいくない?抱きたい。
ギターの弦とか食べたら弾けますか?明太子とか合います?
ってかもうほんと
カラスは真っ白いいな〜多分今年もうちょっと売れてくるので今のうちに知って友達に自慢しておこう!!!そして売れたら「昔のが良かった」とか「なんか遠くなったわ〜」とかドヤ顔で言っとけ!!!

僕が思うに”良いバンド”の一つに、「わかる人にもわからない人にも”わかる”」ってのがあると思うんですよ。
わからない人にもわかるようにブログを書きたいと思ってる次第なので難しい音楽も書くよ。聴いてね。
むっちゃ難しい音楽やってるのも好きなんですけど、サラッと街で流れてて普通の人が聞いてても「あっいいねこれ」ってなる良さ。
さらに研究していくとどれだけ練られてるかわかる良さ。

総括させていただくと、渋谷系ってジャンルはそういう良さを含んでいるんですよ。
だから「音楽は人並みに聞く」くらいの人も「もう音楽ジャンキーっすないと死ぬ」みたいな人も、ぜひリバイバルで追ってみてはいかがでしょうか。





僕はちょっと根岸くんの甘い恋人聴いてたらチーズタルト食べたくなったんでコンビニ行ってきます。