MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

テレキャスに憧れるなら今!あみ×山田亮一

どうも引っ越して忙しすぎる筆者です。

先日、あのバンドマンのこんなツイートがありました。

 

 

あの山田亮一がツインギターボーカル……?つまりどういう?ってか誰と?

長年冷戦状態のライバル、多分2ちゃんとか貼り付いてたら知ってるんだろうけど、僕はよくわかんなくて。

へ〜誰とやるんだろって思ってたらこれ。

 

 

えっ、うわ〜〜〜〜〜ゆれるかよゆれるなのかよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

無理尊みが深い〜〜〜〜すごすぎる〜〜〜〜〜

 

ってなわけでこの凄さを解説できるように頑張ります。

えっ、俺これ入りたいなベースかベースちゃんとやろうかな……

 

 

山田亮一

まず山田亮一の紹介から。

www.youtube.com

「空間を切り裂くような緊張感を持つ演奏と、普遍的なメロディをハイレベルで融合させた楽曲、そして、瞬時にフロアを支配する存在感と高い演奏技術で構築されるライブパフォーマンスを武器に活動」ってわかりづらいな。

 

鋭角なギターサウンドと(本当に)文学的な詞が特徴的な邦楽オルタナティブ直系サウンドのバンドです。

「通行の妨げですどうか…」腐敗した魚群に笑って警告
腹いせに彼らが投げていった 火の付いたままの匙を拾って

とか、ね、すげえいい表現してるよね。腐敗した魚群っていうのはパチンコ客なのかそれともCR海物語の話なのか。

 

ハヌマーンは解散して次に、今でも活動してるのがバズマザーズ

 

www.youtube.com

僕はなんだかんだ言ってワイセツミーが好きです。

同じ系統のバンドなんだけどやっぱり強烈なギターサウンドと歌詞が好きで

当方、咽喉から腕が飛び出す様な想いを堪えつつ、狂った花いちもんめを俯瞰中
異口同味。嗚呼、猥雑は、いざ知らず愛撫

書けなくない?こんなの。

サウンドだけでハマれるし、歌詞読んでも美味しい。山田亮一は何度でも美味しい。

ギターがギャンギャンで最高に気持ちいい。

 

あみ

続いてはあみの紹介。あみさんはゆれるというバンドをやってます。

www.youtube.com

関西一速いダウンピッキング!!!!!!

同じ鋭角サウンドでももっとラウドみが増してる感じ。ボーカルも張りまくって鼓膜から脳まで貫通して響いてくれる。これも気持ちいい。

だから何、今更何だよ
感極まってダメみたい
早くしないと追いつけない
毎日が狂ったように悲しい

山田亮一に対してあみさんはもうちょい主観的に鬱憤を歌ってる感覚ですかね。

www.youtube.com

アーキモチエー

関西一速いダウンピッキング、って名乗るのも伊達じゃない、リズム隊の勢いも抜群で疾走感は誰にも負けない気持ちよさがあるね。

 

テレキャスター

 

f:id:earphone_fuzzy_club:20180226113809j:plain

 

両者のMVを見た人ならわかると思うけど、二人とも同じギターを使ってるんですよ。

その名もテレキャスター

これがまた、鋭角なギターサウンドの特徴をバンバンに出してくれてて。

この2人が手を組むということは日本テレキャスター界に革命が起こるんじゃねーかって僕はとてもワクワクしてるわけです。

ゆれるなんてカッパマイナスと2マンするらしいしな。もうテレキャスターテレキャスターテレキャスターまみれよ。

テレキャスターっていう楽器を知るなら今!この2人を追いかけてみるとみるみるうちにテレキャスター沼にハマることでしょう。

 

 

 

 

 

ベースかあ〜……入りてえな……

 

 

 

https://twitter.com/buzzmothersymd/status/966349308525125633

https://twitter.com/buzzmothersymd/status/966349308525125633

https://twitter.com/buzzmothersymd/status/966349308525125633