MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

ジャンルで一番わからないのがポストパンクだったので

なので勉強したいんですよ。ポストパンク。悔しいから。

 

それまでの旧態依然としたロックの否定を出発点としたロンドンパンクの流れをそのまま受け継いでいるためローファイなサウンドを重視しているものの、レゲエファンクフリー・ジャズ民族音楽を取り入れるなど音楽的挑戦には貪欲なバンドが多い。ビート感が強くダンスミュージックとしての性格を持つ。

日本ではしばしばポストパンクはポストロックと混同されるが、もちろんその実は全く違うジャンルである。ポストロックはロックの再構築・再解釈を中心とした実験的ロックであり、対してポストパンクは単純に歴史的な意味合いで「(ロンドン)パンクの後を受け継いで勃興したジャンル」であるから「ポスト」パンクという名称を与えられている。

ストパンクは同時期に勃興していたニュー・ウェイヴと同一視される場合も多く、ポストパンク・リバイバルについても、レコード会社や雑誌によっては「ニュー・ウェイヴ・リバイバル」とも言い表している。敢えてニュー・ウェイヴと対比して言及される際は、ニュー・ウェイヴのアーティスト群の中でも比較的シンセサイザー色が薄く、ガレージ・ロックに似た鋭いギターの音を押し出しつつ内省的な雰囲気を内包したバンド群を指すことが多い。

 

Wikiより。

長いので三行でまとめると

・イギリス発パンクロックが原点

・ダンスミュージックっぽさとかファンクっぽさもある

・「ニューウェーブ」マイナス「シンセっぽさ」だと近い

 

…うん、わかんなくないすか?わかんないんですよ

僕はわからなかった。

でもね「うわこれいいな〜」ってバンドあったら「あ、ポストパンクですね〜」って言われて「え?これポストパンクなの?俺ポストパンク好きなの?ポストパンクって何?」ってなること多くて

 

こりゃ勉強するしかないでしょ!!

 

 

出会い

www.youtube.com

ストパンクとの出会いはトリプルファイヤー

トリプルファイヤーの好きなところは歌詞なんですよね。

歌詞の庶民性の高さ故のあるある度の高さとか、斜め上からのパンチラインとか。

「あっそういうとこから攻めてくんの!?」って感じが。

www.youtube.com

「次やったら殴る」とかさ、表現のハイレベルさがすごくないですか?

楽曲で何かを表現するときの「曲調、曲の様子」「歌詞」という要素にさらにプラスして「自身のキャラ」をうまく適合させてるんですよ。

「次やったら殴る」をみんなに「でもこいつ次も殴らなさそうだな…」と思わせるところまで仕組まれてる感じがする。そこまでいって初めて曲の良さが理解できる気がする。

これをかっこいいと思える感性を持ってください。いや僕は普通にかっこいいと思うんですけど後輩は「何がいいんですかコレ」って言ってて僕は寂しいです。音楽に必要なものなんてメロディーでもハモリでもコードでもなく「感じる」ことただそれだけなんです。メロディーがないから〜とか言って立ち止まってる場合じゃないんですよ皆さん。

 

まあいいんです?トリプルファイヤーはかっこいいし凄い。聞いてみてください。

で、これがポストパンクらしいんですよ。

はて、ポストパンク…いや確かに「次やったら殴る」とか「有名な病気」とかの歌詞はパンクス精神あると思うんだけど、楽曲的にパンクなの?という疑問がね。

 

なのでイギリスパンクまで遡ってみましょう。

 

UKパンクとUSパンク

僕の中のパンクキッズがね、「パンク」って聴くとこういうのを思い浮かべるんですよ。

www.youtube.com

青春ド真ん中SUM41。中学〜高校のときはSUM41を始めBlink182やらGreendayやらを聴き漁ってたもんで、パッと思い浮かぶのがこういうUSポップパンクなんですよね。

で、もちろん違うわけですよトリプルファイヤーとは。

 

WikiによるとUKパンクのほうらしいじゃないですか。イギリスのほうのパンク。

www.youtube.com

あっほんとだ。なんとなく近くなったぞ。

まずギターの音がめためたローファイ。USパンクみたくみっちみちに詰めた歪みじゃない。カスカスのギター。

 

で、ですよ。ニューウェーブ。これも近いらしいじゃないですか。

僕ねニューウェーブはちょっと聞いてたっていうか、Joy Divisionが好きで聞いてたのでなんとなくわかります。

www.youtube.com

わあ!メロディーわかんないしなんか陰湿!いやってかこの曲マジでかっこいいと思う。

ドラムの使い方もなんか近いかも。エイトビートが云々というロックの基本というよりかはパーカッシブルに使ってるというか。

 

はいはいはいはいなんとなくわかってきましたよ。ポストパンク。

UKパンクとニューウェーブの要素がつかめたらなんとなくわかったような気がしますポストパンク。

確かにこれ俺が好きなやつや!

 

と、ここまでが僕の先週までの動きです。

 

色々聞いてみよう

 

と、「ポストパンクは俺が好きなやつ」という認識が固まったので色々聞いてみよう。というわけで友人より教えてもらった二組を。

 

www.youtube.com

急に変化球構成を投げてしまいました。ギターボーカルとベース&ドラム(?)の左右。

ボーカルの女の子のちょいロリ声感で叫ぶ感じも好きだし、音数少ない構成からのソリッドでストイックな演奏もバリかっこいい。

www.youtube.com

こっちはもっとパンクっぽい。姿勢がパンク。

俺はそういうことをされるのが嫌だって今言ったからな

のところがバリ熱い。

 

 

www.youtube.com

友達の車に乗ったらかかってました。WBSBFK

「わびさびふうけい」と読むらしいです。これをドライブでかける友人のマインドも凄いわ。

 

なんだろ…わかんないけどじわじわと意識の強さを感じる。

あと声が好き。

 

www.youtube.com

いやもうこれは、この曲は脳を直球で射してくるかっこよさだ。かっけ〜〜〜。妖しい感じ強い〜〜〜惚れる〜〜〜

ストパンクってどれもベースラインがかっこいいですよね。音数が少ないからこそそれぞれの楽器が洗練されてて、1つ1つの音に味がちゃんとついてる。

 

 

 

 

 

かっこよさを言語化するの難しいな〜〜〜〜かっこいいのに上手く伝えられない〜〜〜〜

ポップスとは遠い文化かもしれないけど、こういう音楽もあるよってことを知ってほしい。久しぶりにこのブログの原点に立てた感じがします。最近アイドルの話ばっかだしな。オタクマガジンかよ。

ぜひ聞いてみてください。

 

僕はすぐ影響される人なのでギターでコードをかき鳴らさない期に入ってます。

みんなも入って。