MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

【2万PV達成】J POPもロックもマジで音楽である。

なんとこのブログ、2万PV達成しました。あれ?1万PVいったのついこの前じゃない?早い。
本当にありがとうございます。

 

個人的な話なんですけれども、自分のバンドは2016年2月にライブをしてからそこからバンドとしてライブはしてない。実質解散。空中分解。自然消滅。

理由は色々ある。リーダーの自分が今までの曲を愛せなくなったとか、ドラマーと反りが合わないとか、死ぬほど金が無いとか。

弾き語りはちょいちょいしてる。昔の曲をちらほらとアレンジしながら弾き語りをしたり。本当はバンドでやりたいなって最近は思ってる。またステージでうるさいことしたいな。

 

それで、バンドをしなくなってデメリットばかりだったわけなんですよ。

友達は減るし、というか外界との交流が減る。ストレス発散する方法も減る。今までバンドばっかしてたから”虚”になる。ライブハウスで客として行くとちょっと違和感を感じる。たまに見に行ったライブで同年代だったり同じホームのバンドマンに「バンドしなよ」って耳が腐るほど言われる。見たいと言ってくれるのは嬉しい。でもしたいけど今はいいです。

 

でも、すごい大きなメリットがついてきたんです。

「色んな音楽を偏見なしで聴ける」

そもそもワタクシ個人は「音楽を愛する才能はマジで誰にも負けない」と昔も今も思っている。バンドやっている当時だってまあ古今東西色んな音楽を聞いてきた。

聞いてきた、はずなんだけど最近おかしい。さらにそれにブーストがかかってる。

自分のことなのに理由は定かじゃないんだけど、バンドしてた時期は無意識に自分のバンドの要素に成りうる音楽を摂取していた。

シャウトばりばりのうるさいオルタナバンドをしてた頃はLOSTAGETHE NOVEMBERSばかり聞いてた。そのあと組んだ不思議歌モノロックみたいなときはPeople in the Boxindigo la Endいっぱい聞いてた。

もちろんそれ以外にも聞いてたけど、文字通り聞き流してたのだ。

 

組んでない、今現在。

すべての音楽がすごいと思えてぐんぐん頭に入ってくる。ヤバイよ俺。楽しい。

 

 

例えばシシャモ

earphonefuzzyclub.hatenablog.comそれこそ「僕に彼女ができたんだ」が出たあたりはバンドをしていて「はいはいガールズポップね。次」となっていた。でも待てよ、今聞いたらこの曲面白いぞ?

ギターの音作りはまだ拙いが思い切りのある歪みでインパクトがある。

歌詞は一見別に面白いと思うところがない、と思いきやその塩梅が女子にウケる。一般女性は歌舞伎町の女王じゃないからわかりやすい。

 

あとは最近ドドドハマりしているMondo Grossoのラビリンス

www.youtube.com

クールなダンス・エレクトロニカ満島ひかりの透き通ったボーカル。文句なしの最高の楽曲なんだけど、おそらく20歳前後の俺が聴くと「ふーんこんなのがいいんだ。へえ」で終わっていたかもしれない。だってバンドサウンドじゃないもん。歪んだギターどこ?って言う。

今の俺はこれをシャワー浴びるときに絶対流してる。美人になった気分になれるから。

毎日1回以上聞いてるわけだ。本当にクール。途中でクラップが頭からズレてるのはどういう趣向なんだろう…教えてほしい。(というかこういう曲も作ってみたい)

 

2曲を例に挙げたけど、僕はこうやってどんどんと「聴ける音楽の幅」が広くなってきている。やべえぞ毎日聞きたい音楽が増える。

 

J POP

J POPを聞いたときもその反応が顕著。

「変わったバンドのギターボーカル」から「作詞作曲する人」くらいのグレードになったことが影響していると思う。

色んな曲の凝らされた趣向に気づけるようになった。

www.youtube.com

この大塚愛の「私」という曲、構成がとてもオルタナティブ

普遍的なA→B→サビ→2番A、ではないのだ。

サビ→サビ→A(というか実質サビへの引きメロがあるのでBとも言える)→サビ…みたいな構成。洋楽かよ。

一本のメロディーでゴリ押ししているわけだが、この構成も大塚愛の工夫なのだなとなんとなく感じることができる。

ただ「私は今」の「いんマァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜」の伸ばし方がちょっとウザい。

 

www.youtube.com

バンドやってたときなら「あっちゃんまだかわいい」が感想として終わってたと思う。

 

転調はしていない、していないけどやたらAメロがシリアスな響きしていると思いませんか?

と思ってコードを調べてみたらAメロはマイナーやセブンスの嵐。っていうかそれしかない。暗い感じのコードくらいの認識でいいです。

それがBメロでだんだんとメジャー(明るい)響きを織り交ぜるようになり、3!2!1!GO!でハッピーハッピーバースデー。一気に明るくなる。転調はしてないのに。してないよね?そこらへん自信なくて。

曲にも高度差が開いてると印象が強く残るようになってる。

A:明るい→明るい→ド明るい

B:影ある→影がチラリ→明るい

こう見て、Aの「ド明るい」とBの「明るい」を比べた場合、Aの「ド明るい」のほうが強いはずなのに印象としたときBの「明るい」のほうが絶対印象に強く残りやすい。

そういう効果を狙ってるんじゃないかなって思う。

 

音楽理論とかはサッパリわかりまへん

こうやって曖昧な言葉で繋いでるからバレてると思ってるんだけど、音楽理論とかマジで一切わからない。というか、「音楽を勉強する」という行為自体したことがない。好きなバンドのコピーをひたすらして、自分でも曲を作ってを繰り返していただけ。ギターについてくる教則本すら3分で捨てた。

きっと音楽理論を勉強するなら今だなって思う。色んな音楽最高だから。

その最高を表現できるようになれたら更に最高。グッドバイブス。

 

読んでくれてありがとう

 

このブログ、僕のツイッターのTL上の人たちに向けて書いているんです。実は。

マジで本当に勝手な偏見だけど、きっと今の日本のホットなバンドをMステでやっと知るとかそういう人たちが多いと思ってる。そういう層に向けて書いています。

「カラオケで友達が歌ってた(曲名忘れた)」「TLで30秒だけMVが流れてた(覚えてない)」「なんかMステに出てたらしいすごいの?知らんけど」それくらいのdigをする人たち。

全然それでいいと思う。音楽の聞き方なんて人それぞれであるべきだから。

ただもっと知ってほしいと思った。だって音楽って全部ヤバイんだもん。

それで音楽ジャンキーの俺の格好の獲物になりました。

 

彼らが、皆がドハマリしてくれる音楽を探し当て、うまい具合に紹介したい。

そんな気持ちで始めたこのブログ、これからも書いていくので末永く応援よろしくお願いします。

リクエストも待ってるよ!