MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

ライブ行くときってどうしたらいいの?

どうもこんばんは。SNSでポッと話題に出てたらすぐネタにするハイエナです。

今回のお話はこち

「バンドのライブに行くときってなんか気をつけることあんの?」

 

という話。

 

バンドやアイドル、DJなど色んな音楽シーンの現場に行く人が増えたらいいなと常々思ってるのでこうやって書いて、ちょっとでも「あ、自分でも行けそうじゃん」って思ってほしいな〜〜〜〜

というわけで書きます。

 

答えから言うと「言うほど気にすることなどない」です。

 

他人を怪我させるのはやめよう

女性ならヒールはやめる。髪をまとめる。爪は切る。などなど。

男なら、うーん…?なんかある?まあ、普通に考えて怪我させるような格好はないよな。あと携帯の電源は切っておこうな。

 

当たり前だけど他人に物理的に怪我をさせるようなことはやめようということ。

チケットがソールドするようなワンマンや、夏フェスなんかだったら荷物も危険。

自分も相手もめちゃくちゃ邪魔だしなによりスリとかにも合うかもしれんしね。たいていはコインロッカーがあったり、クローク(荷物預け場所)が設けられてるのでそこに預けましょう。

箱で別にぎゅうぎゅうにならないようなイベントならまぁリュック背負ったままってのも俺はあるけど。

 

服装について。

汗かくから着替えいるよ!とか動きやすい格好がいいよ!ってのがツイッターでちらほら見るんですけど、

そういうのってフェスとかラウド系メロコア系の話だなーって思います。着替えはいるだろうけど。

ディッキーズのハーフパンツは制服ではないです。俺別にキッズじゃないし。僕個人としては「行きたいと思う格好で行きましょう」が結論です。(一部V系のライブを除く)

仕事終わりに急いできたスーツのままの兄ちゃんとか、ガッチガチに革ジャンのロックンローラーとか、サブカル女子とか、理系大学生だな〜っていう感じの奴とか全員が同居できるのがライブハウスだと思っています。

クラブやアイドルイベントなんかもそう、どんなやつがいても受け入れてくれるのが現場だと僕は思うので、「ライブハウスとか自分ダサいから行けない…」なんて意見はナンセンスだと思います。

耳ついてればなんでもいいわ。

アーティスト側から見たとき観客側って結構見えるので「ちょっとオシャレしていこう、人と会うわけだし」となるのは良いと思うけどね。部屋着で来られたら度胸凄いわ。

これも「他人を不快にさせる服装」はNGでしょう。これは生きていくためのマナーでもあると思うけど。

くっせえ服とか。アホほど肌出てるやつとか。そんなの着てライブハウス行くやつは普段からやべえけどな。

 

動き方踊り方

これについてはSiMのMAHがめちゃめちゃいいこと言ってたので引用します。

ameblo.jp

MAHさんめちゃめちゃ良い人やなあ…

つまりは「アーティスト側が想像している観客像がベスト」ということ。

「踊れ!!!」って歌ってるなら踊ってる観客が見てて気持ちいいんだからそうしようってワケ。

椎名林檎のライブで旗振るやつも、本人が促してるからみんなやってめっちゃ良い風景になるわけで。

www.youtube.com

踊り方について。

僕が知ってる上では、ハーコー、サークルモッシュスカダンス、ツーステップなどがあります。全部そういう筋のジャンルですね。ハードコアパンクやらメロコアやら。

ここで詳しく書いてもいいんですけど、僕的にはそういうの好きなら現場いっぱい行って動き方見て覚えていってほしいなって思います。楽しいしね。(僕はメロコアよく行くけどサークルモッシュしたの3回くらいしかないですけどね)

 

でも俺が思うのは、「したけりゃすりゃいいけどしなければいけない理由はない」ということ。

いやあ、この間のミリオンロックフェスで夜の本気ダンスを見て、みんなツーステップしてて「は???」って思ったんですよね。

ツーステップって本来ハードコア的な文化の元あるんじゃあ…?

様式美というものがありまして、その文化の元生まれた動きなのかどうかって考えるとなんか違う気がするんですよね。

夏フェスに出てるバンドで全部ツーステップ踏むって様式美が出てるのならおじさんはもう家に引きこもります。

 

みんながしているから、しない人は悪なのか。というとそういうのはまっっったくないので是非でかい音が鳴ってたら、空を仰いで感動するなり、脚をめちゃめちゃにぐねらせたり、指だけでリズムをとったり、腕組んで泣いたり好きなようにやってください。

あのサブカル女子がやる指ピンって伸ばして手挙げるやつも好きな人だけやってください。アレよくできるね。俺やると絶対集中できなくなるから腕組んで見てるわ。

あと僕は床ドンも嫌いです。何を召喚するんだよアレは。するなとは言わないけど棒立ちだけど感動している俺を囲むのはやめてくれ。この前本当に囲まれて地獄かと思ったぞ。

 

本当にいい音楽の聴き方って、周りに左右されずに感情の赴くままに聴くことです。

周りなんて気にしないでください。でも怪我したりさせたりはしちゃダメだよ。

 

www.youtube.com

体験談ですけど、Pople in the Boxのライブのとき、演奏に合わせてバレエを踊っているお客さんを見たことがあります。

あれは気持ちよかった。多分その人も感情がめちゃめちゃになって結果バレエを踊るという表現をしたんだろうなあ。

 

アイドルの現場

さて、ロックバンドの現場について話したんですが。

ロックバンドは文化的につまるところもっと「ルールなんて関係ねえぜ!」みたいなところがあるので、棒立ちでいようが踊っていようが気持ちよければそれでいいんですが。

アイドルの現場だけはわからんね。

www.youtube.com

例の「タイガーファイヤーサイバーファイバーダイバーバイバージャージャー!」もそうだし、曲ごとにかけ声が決まってたり。

僕はYouTubeと現場通いでなんとか覚えた次第です。

あういうの覚えるまとめサイトとかあんのかな?あと誰が決めてんのかな?

新曲出たら「ここで手拍子しよう」とか話し合ってんのかな?僕は未だにわかりません。

アイドルの現場に行く際にはYouTubeの動画を観察して覚えて行くことを吉とします。

 

でも基本は多分音楽を楽しめられたらいいので、一緒です。でかい音を楽しみましょう。

 

 

みんなでライブに行こう

なんかグダグダと書いたけど、こうしなければいけないという制度はないし周りも目くじら立てることはしないはず。するやつはカス。

オシャレだろうがダサかろうが若かろうがおっさんだろうがデブだろうがガリだろうが全員で楽しめるのが「ライブ」です。なんでもいいから楽しみましょう。

夏フェスも多くなってるし、是非一度現場に足を運んでみては?