MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

洋楽を聞いたことない人に敢えてThe Cardigansを勧めてみる

そもそも音楽を漁らない人はさて置き。

たとえ「邦楽は漁ってます!」という人でも洋楽は全く聴かない人、というのは珍しくない。

 

理由は色々あると思う。

「歌詞が一聴でわからん」「曲調が合わない」「そもそも誰がどうしているのか遠くすぎてわからん」などなど。(聴かないって人いたら理由をコメントに書いて欲しいです。次の記事の参考にするので)

 

筆者である僕はというと、最新の洋楽シーンを追えているというわけではない。

「これは聞いたほうがいい」とツイッターのフォロワーやらリア友やらから聞いたものを聞いて「おお!かっこいい!聴く!」となる程度。最近はBullet for My Valentineが好きです。

自分から洋楽シーンを漁りにいくことはない。

ロッキンオン(ジャパンじゃないほう)を読めば少しは追えるんだろうか…とも思うけど、日本人と違ってパッと聴く&見るときに「好きそう!」というアンテナが立たないためロッキンオン(ジャパンじゃないほう)をわざわざ毎月購入してまで…という気にはならない。

まだ「◯◯好きならこの系統のバンドもいいんじゃない?」って言ってYouTubeのリンク貼ってくれたほうが聴く。っていう感じ。

 

さて前置きが長くなったが、どちらかというと洋楽は漁る方サイドとして僕は今回記事を書く。

「洋楽はわからん。聴かない」という方々に僕がYouTubeのリンクを貼って聞いてみろよってやったらどのくらい聞いてくれるのかという実験も兼ねている。

紹介するバンドはThe Cardigans(ザ・カーディガンズ)だ。

 

 

いきなりUSでもUKでもない

普段日本人が聴く洋楽というと大抵、US(アメリカ)かUK(イギリス)になる。

ロックミュージックはそこら辺がルーツだから(大雑把)やっぱり盛んなのもそこら辺という感じでふんわり覚えておいてくれ。

このアルファベット2文字が頭についてるだけでジャンルとして全く違うものとなる。

例えばUSパンクとUKパンク

USパンクと聞いて僕が思い浮かぶのはGreenDay

www.youtube.com

UKパンクならThe Clash

www.youtube.com

 ぶっちゃけこれは本題じゃないから軽く聞いてくれればいいんだけど

同じ「パンク」でも曲構成や音の密度、抽象的に言うなら「筋肉感」が違う。(年代の違いによるものもあるけど)

国を隔てると同じものでも解釈も色々変わってくる。

僕がこの項で言いたいことはこれ。上記2つは例。

 

さて今回僕が紹介しようとしてるThe Cardigans、ジャンルとしては「スウェディッシュ・ポップ」

そう、スウェーデンのバンドなのだ。

まあまあちょっと待ち給え君たち。「洋楽聞いてないのにいきなりスウェーデンまで飛べるわけないじゃないの」そんな声が聞こえてくるぞ。

大丈夫、スウェーデンのポップと日本のポップ、違っていて共通項も合って、ひっくるめてウケるだろうから。

 

Carnival

www.youtube.com

まずは代表曲、「Carnival」を聞いてみよう。

色気たっぷりの女性ボーカルに落ち着いたバックバンド。オルガンがいい味出してる。

この曲で僕は「あれ?洋楽も意外と馴染むじゃん」となると信じてる。

曲構成はシンプルに、サビ始まり→伴奏→Aメロ→サビ、の繰り返し。

ここも受け入れやすい肝がある。

サビという存在。これがポイント。

 

サビというのは語源としては「侘び寂び」の「サビ」から来ている。

松尾芭蕉が「俳句で一番美しい部分は侘び寂びの寂びの部分だ」と述べ、そこから「歌の一番盛り上がるポイント」と変化していったのがサビ。

松尾芭蕉はニューヨーク生まれじゃない、生粋の日本人。侘び寂びも日本生まれ。サビという概念も日本生まれなのだ。よって、サビという概念がない洋楽ももちろんある。

www.youtube.com
これめっちゃ好きなんでポストロックとかマスロックが好きな人は是非聞いてみてください。

この曲を例にとってみると、セクション的に書いてみると

リフ→A→B→C→A→エモめのB→感想→D→テンション高めのC

となる。解釈のしようによっては「エモくなってるからBがサビ扱い」ともなるし「最後のテンション高いCがサビ」ともとれるが、まず「解釈の違いでサビが別れる」ということが起こってしまうわけだ。(例としてこれでよかったのか?という懸念は抱いているからちょっとそこはほっといてくれ)

 

さて話をCarnivalに戻そう。

セクションが繰り返されること、メロディに際立ったところがあるところやコーラスが増えていることからも最初やAの次に来ているのはサビと判断できる。

さらに1番Aの終わりの

By my door
Waiting for you

ここの「you」のあと、伴奏が一瞬途切れそのあとドラムがドタドタとロールをしてから次のセクションに移る。

これも「次サビですよ〜次サビですよ〜」という感じがして我ら日本人からしたら結構わかりやすくなってて馴染めるポイントだと思っている。

 

まだCarnivalの話は続く。次は曲調の話。

まずお気づきの人は気づいているだろう。

思いっきり椎名林檎だ。

椎名林檎でハマれる人はハマれる。

その部分を詳しく書いていこう。

www.youtube.com
構成、声、コード進行の少しだけ似てる感。まず椎名林檎にハマれる人はハマれる。

椎名林檎の得意としているのは歌謡曲

そう、カーディガンズは日本の歌謡の部分をスウェーデンにいながら醸し出している。

追記しておくと僕が書く「歌謡曲」は「ムード歌謡」のことを指します。

 

「ムード歌謡」は戦後あたりにもともとジャズやラテンを日本人の歌える曲にアレンジしたというもの。

戦後、そこからの歴史があるので日本人には割と根付いている文化になります。

カーディガンズはそのムード歌謡曲っぽさ、あると思いませんか?

 

なんせポップだから

www.youtube.com

なんだかんだ御託を述べても、メロディがポップですっと馴染めるのもいいよね。

なによりもそこはオススメするポイント。

それを存分に味わえるバンドなのも馴染みやすいかも。女性のシンガーソングライターにバックバンドついた形と似てない?違うか。違うわ。

まぁでも雰囲気はそんな感じです。女性シンガーとしてもムード歌謡のバンドとしても楽しめるのがThe Cardigans

しかも「洋楽とか聴くの?」「洋楽…まあスウェーデンのバンドだけど」でちょっとドヤられるぜ!イェイ!

 

 

日本人でもスッと聴ける洋楽として、僕がオススメするのはThe Cardigansでございました。