MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

【レポート】ミリオンロックフェス1日目を食べてみる

6月3日、4日の2日間にかけて石川県金沢市で行われた「ミリオンロックフェス2017」

僕も行ってきました。優勝しました。

 

f:id:earphone_fuzzy_club:20170606001251j:plain

(これは優勝旗の写真です。小声で「優勝した…」って言ってたので後ろの友人に怪しまれました。)

 

忙しい仕事のピーク抜けて、誕生日で、夏フェスということもありかなり浮かれて参加していました。許してください。机の上にヤバイ数のヘパリーゼが並んでいます。

むちゃくちゃ酒を飲みながら参加していました。音楽は肴です。

 

そういえばなんですけど、僕は家で一人で晩酌というものをしません。一人で飲むと寂しいから。

でも唯一飲むときがあって、新しいライブDVDを買ったときなんです。ライブ見るときは飲む。

つまりそれって、音楽=おつまみ=食べ物、なのでは?

音楽は食。

じゃあ音楽を食べ物に例えることもできるのでは…?

ということで、ミリオンロックフェス1日目のレポートを食べ物を交えて書いていきたいと思います。

 

ちなみに2日目はDJブースと無料ステージを行き来しながら(チケット買ってなかったから)ときどき本館の音漏れを聞いたりなどしてエンジョイしていました。めちゃめちゃ出店でホットドッグ食べました。

 

 見た順番はこちら。

水曜日のカンパネラ→water weed→She,in the haze→Rethink→夜の本気ダンス→きのこ帝国→赤い公園→午前四時、朝焼けにツキ→おいしくるメロンパン

この中からいくつかピックアップして書きます。

(セトリは本当に好きなバンドで覚えてたやつは表記します。曲知らんのあるバンドは書いてません)

 

水曜日のカンパネラ

【セトリ】
ナポレオン
シャクシャイン
メロス
マリーアントワネット
チャップリン
(新曲)
ピカソ
桃太郎

www.youtube.com

バンドばかりのラインナップで去年のミリオンは後日ちょっと愚痴のようなことを零していたようです。「ミリオン寂しかった〜」的な。

だから今年は来てくれないかなと思ったけど来てくれました。

しかも一番大きいステージ。どういう見せ方をするのかなぁと考え予想したのは、やはりみんなで歌えるセトリで来るのではないかと。

桃太郎然りディアブロ然りラーなんかもやると予想。

しかし予想はハズレ。かっちりとクールなエレクトロの曲をまとめてきました。一休さんすらやらんかった。

そのせいかフロアは結構埋まってたものの踊り狂っていたキッズは少なかったと思います。俺は汗ダラダラかいてました。死ぬほどかっけ〜〜〜〜〜

きっとこれからもこんなセットでやっていくという意気込みなのかな?水カンはどんどんエレクトロニカの最先端を行きそうです。

 

さて、こんなミリオンでの水カンを食べ物で例えるなら、

バンドばかりの中、一組だけ異国を思わせる水カン。蓋を開けたらびっくり仰天。スパイスが散りばめられた、ぴりっとしまった味。しかしコムアイがどんどん美人になっていくし桃太郎の知名度は留まることを知らず、くるものを拒まずなマイルドさ…

カレー…?いやもっと異国な感じでいきたい。

グリーンカレー…?そうだ、ココナッツミルクのマイルドさとスパイスが効いてるこの感じ、もしかしてグリーンカレー

はい、水曜日のカンパネラグリーンカレーです。

 

She,in the haze

www.youtube.com

割とキッズ向け、つまりメロコアやパンクなどが多いミリオンロックフェスですが今年になって「そういうの呼ぶんだ」と驚くラインナップが多くなり、シーインもそのうちの一組。

出演が決定してからちゃんと聴いたんですが、ドリームポップがメインで本当になんで呼んだんだって思った。上記のParanoidはニューウェーブやらグランジやら、まぁちょっとメインストリームではないジャンルを匂わせてる。

物珍しさから今回見ることを決めたんですが、最初からやっぱり異質さプンプン。

どのMVを見てもわかるとおり、全員白装束で、なんならライブの最初は仮面をつけて振り付けアリでやってた。ロックバンドのライブというよりかは演劇とかミュージカルみたいだった。

個人的な感想を言わせてもらうとあんまり良くなかったです。同期音源(録音したギターとかシンセを後ろからそのまま流してた)をめちゃめちゃ使うからライブ特有のヒリヒリした感じがなかったし、音源では感じる音圧も単に「同期音源のBGMが大きい」という感触。ギターも動き硬くてうまいとは思わんかった。そういう弾き方なのかもしれんが単純に自分の好みじゃなかった。

 

さてさて、She, in the hazeを料理にまとめるとなんだろうな。

絶対に和食ではないです。初見では洋楽とも思えるこの感じ、和ではない。個人的な感想を言った通り「ライブ感」つまり、汗を感じなかったことも考えると「塩」、しょっぱいものではないなとも思う。つまり洋菓子。そうか、声の甘さも印象を引っ張っているな。ケーキだな、ケーキ。その演出されたステージは幾年も歴史を刻み、なおかつ外向けに演出されたシックなケーキを感じる。

でも完全に明るい物ではない。少し後ろ暗いものを感じるので白い、ホイップクリーム感のあるケーキではないですね。本人達の姿は真っ白だけど、やろうとしていることは黒い、少し苦味のある…あっ

ブラウニー…?

そうか、苦くも甘くもあり、ねっちりとした食感。実際に見ると(食べると)見た目より何倍も濃厚なその感触はブラウニーそっくりだ。

She,in the hazeはブラウニーです。

 

きのこ帝国

【セトリ】
リハ 疾走
35℃
LAST DANCE
クロノスタシス
東京
愛のゆくえ
ドーナツ

www.youtube.com

きのこ帝国、ほっっっっんと大好きなんですよ。

なのに一回も生で見たことがなかったのでめちゃめちゃ期待して行きました。リハで疾走をやったとき感動しすぎて絶叫してしまい友人及び周りのオーディエンスから「きのこ帝国で叫ぶか…?」という目で見られました。

先述のシーインと同じくシューゲやらドリームポップなのにミリオンに呼ばれた人たち。こちらはライブ感あるヒリヒリしたプレイでド感動しました。

特にギターのあーちゃん。ギターは持ち上げるわ、叩きつけるわ、弦は引っ張って「バキン!」って鳴らすわやりたい放題。最高だもっとやれ。

ラストははしゃぎすぎてギターアンプに頭から突っ込んでいました。楽しすぎる犬か。

佐藤は思ったよりおちゃめな女の子だった。もっと影のある、世界観を作るボーカルかと思ったら「ふふ、いっぱい来てくれて嬉しくなっちゃった笑」とか「いや〜知らないよな〜みんなこの歌知らないよな〜でももしかしたら知ってるかもしれないな〜」(クロノスタシスの「クロノスタシスって知ってる?」という歌詞より)とかおちゃめな印象を出してくれました。何百倍も思ってたよりかわいい。家に来てくれ。

セトリを予想するために他のフェスでのセトリを見ていたんですが、35℃始めのドーナツ終わりのセットはなかったように思うのでめちゃ貴重なものを見れました。

 

さて、きのこ帝国は何味なのかな?

その風貌やパッケージからは想像もつかない豊かな味。口にすると広がる様々な味、いや出汁だな。ダシが効いてるやつだ。ダシがめっちゃ広がるやつ。

肉と野菜を煮込んでいると「悪魔にでも捧げるんか?」って見た目になるけど実はめっちゃ美味しいんですよみたいなそんな感じ。しかもポップネスの根幹にある。料理の基本をしっかりと踏襲している。

そういえば、ボーカル佐藤のリズムの取り方(物理的に体の揺らし方とか)がめちゃめちゃ外国人のソレだった。そうか、ブイヨンか、いや油もある。動物性タンパク質が必要だ。コンソメの方だな。コンソメをもっと濃くしてる。

シチューだ!シチュー。具だくさんで楽しいし、ポップだし、ダシを効かせるとすげえ美味い。

きのこ帝国はシチューです。

 

赤い公園

【セトリ】
1,NOW ON AIR
2,黄色い花
3,恋と嘘
4,塊
5,絶対的な関係
6,サイダー
7,KOIKI

www.youtube.com

ガールズバンド大好きマン〜(きのこ帝国はリズム隊は男性です)

赤い公園も大好きだけど生で見たことなかったのできのこ帝国終わりにダッシュして向かいました。恋と嘘あたりから入れました。

まずひと目見て驚いたのが衣装。全員カラフルなのに加えて、ギターのつのまいさがジャージにTシャツだった。自分ちかよ。彼女か。俺の彼女か。推せる。めっちゃかわいい。

恋と嘘→MCっていう流れで、MCでは完全にパジャマパーティー。「うちらチャリ通だったじゃん?」「めっちゃ遠かったよね〜」とか。家飲みでやれ。ミリオンでやるな。もっとやれ。

つのまいさ「そういうのもういいから(マジ呆れ)はい、次の曲いくよ」
ボーカルちあき「は〜い」
みんな「かーごめ!!!!!かごめ!!!!!」(塊)

塊という曲

www.nicovideo.jp

聞いての通りめちゃめちゃダーク。途中のベースは地獄みたいな音出してる。

っていうか地獄かよ。

女子会からの塊の流れは本当にヤバイと思いました。

 

あとボーカルのちあき、声でかすぎて会場がビリビリ震えてた。どんだけだよ。

多分だけど最高の女性ボーカルですね。これだけカオスな楽曲、演奏でも栄えるボーカル。赤い公園は本当に強いバンドだな。

 

さてそんな赤い公園、ポピュラーでみんな知ってて、でもパンチが満点。

辛いやつだ、辛いけど有名なやつ。胡椒の辛さだな。

というかもう決まりでしょ。ハンバーグだわ。ハンバーグって曲もあるし。

そのポップさ、ポップさに包まれた漢を感じる肉感。

赤い公園はハンバーグで決まり。

 

午前四時、朝焼けにツキ

www.youtube.com

ごぜよ、新潟のバンドで割と小さいときから知っていて、タイムテーブル的にかぶってたのがストレイテナーとかだったので「アリーナでやって人入るのかな?大丈夫?」って思っていました。正直。

しかし蓋を開けてみれば、結構人入ってるしめちゃめちゃでかいサークルモッシュできてるしダイバーもいるし。

演奏も歌もガンガンにかっこよくなってて、設備の良さや照明も相まって「なんで水垂れた?あれ?俺…泣いてる…」ってなりました。

ごぜよは和メロがくせえほど効いてる叙情系ハードコアみたいな。自称「激情系”帰りたくなる”哀愁ロック」

どんどんと演奏も演出も良くて本当に泣いてしまいました。

 

さてそんなゴゼヨはもう決まってますね。天ぷら蕎麦です。

和メロド真ん中、和食の蕎麦にグッと感じる油。

油がある蕎麦、こてこての天ぷら蕎麦でしょう。

蕎麦だけだと「足りないかな〜」ってなるけど、天ぷらもあることで「お腹いっぱい!」ってなるその感じです。

午前四時、朝焼けにツキは天ぷら蕎麦。

 

おいしくるメロンパン

www.youtube.com

最初はね、「はあ?おいしくるがトリぃ?ふざけんな」って思いました。

ミリオンのラインナップの中でもトップクラスでキャリアが薄い。2015年に結成して去年RO69で優勝し日の目を見るようになったバンド。

言っちゃえば”ぽっと出”なんですよ。ぽっとで。

そんな奴らが一日目のトリ(大トリではないけど)なわけだから「なめんじゃねーよ」と。

むしろ発想が逆転して「トリに選ばれるくらいだからもしかして凄いバンドなのでは?」という期待になり、見に行くことに。

 

出てきたバンドマンは背が小さくてキノコヘアーで童顔で、めちゃめちゃ「子供か?」って。

でも結構やってることはソリッドだった。

それまでは「邦ロックをオシャレにしちゃいました☆」っていう印象だったんだけど、実際にライブを見たあとだと「邦楽におけるアシッドジャズやボサノバ、つまりは渋谷系をスリーピースバンドに落とした」という印象に変わった。好転です。

ただ一つ反省点を述べるとするなら、ベースがうるさすぎた。悪い方で。

 

おいしくるメロンパンは、フェスにおける食材で例えるなら絶対「食べ放題で最後に食べるアイス」だなって思っていました。見る前までは。メロンパンではなく。

爽やかだし、フェスの濃いラインナップの最後で見るもんだから口直しみたいな感じかなって。

でも実際食べてみると、もっと色んな味がしてちゃんと一つのメニューとして楽しめるものでした。

それを踏まえていうと…しろくまアイス?

多分しろくまアイスだ。おいしくるメロンパンはしろくまアイス。

 

 

 

実食

 

わかりますよ皆さんの言いたいこと。

僕もね、「いやグリーンカレーではないだろ」って思ったりね、「せめてメロンパンアイスにしたら石川県アピールできたんじゃ?」とか思いました。でもね、書いちゃったんです。仕方ないんです。

ライブレポート部分はミリオンロックが終わってからすぐ書きました。興奮冷めやらぬうちに。そしたらこうなりました。なぜ?わからんわ俺でも。

そこで終わればいいんですけど、食べ物に例えたんだから食ってみろよって話になるじゃないですか。

でも死ぬほどめんどくさい(最初は自分で作るつもりだった。でも死ぬほどめんどくさいから全部レトルトにした)のでそこから一週間以上経ってしまいました。誠に申し訳ありません。

 

というわけでせっかく料理に例えたので、それを一食にまとめてみました。

俺たちのミリオンロック1日目はこれだ!!!!!!

 

 

 

f:id:earphone_fuzzy_club:20170610210213j:plain

 

 

多すぎワロタ。

水曜日のカンパネラときのこ帝国と赤い公園丼」と「午前四時、朝焼けにツキ」と「おいしくるメロンパン〜She,in the hazeを添えて〜」と「ミリオンロックで飲みすぎたZIMA」です。

 

まずね、どれもその食材だけで勝負できるモノですね。ワンマンでもいけます。どれも「フェスで見るのもいいけどワンマンでも見たいな〜」って思わせる料理ばかりです。(っていうかむしろ一緒に食べるべきではなかった)

水曜日のカンパネラ」の自己主張が凄かったですね。どのバンドと一緒に食べても決して揺らぐことのないアイデンティティ。誰にも負けません。

「きのこ帝国」と「赤い公園」はめちゃめちゃ親和性が高かったです。これは2マンのライブとかで見てもきっと面白いぞ。

「午前四時、朝焼けにツキ」は一瞬「このメンツだと薄れるのでは…?」と心配しましたが、蕎麦の風味ってしっかりしてて「俺は俺だぞ!」としっかり食事として成立させてくれました。

デザート(甘い声)枠の二組は一緒に食べると両者ともに良い部分をさっぱりと、独立して食べるとそれぞれの濃厚な持ち味が活かされていて楽しかったですね。

 

あと、「おいしくるメロンパン」を「水曜日のカンパネラ」に合わせたりしたんですけどこれは無理でした。ゲロでした。

というか「水曜日のカンパネラ」の自己主張が本当に強いのでどこと合わせても変わらないですね。

ZIMAはもう飽きました。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

ミリオンロック2017の楽しさが少しでも伝われば幸いです。

僕はグリーンカレーが嫌いになりました。以上です。

(使用した食材はスタッフが全て美味しくいただきました)