MASH-ROOM Magazine

邦楽ロックのWebマガジン的なソレです。

クリスマスは『テネイシャスD〜運命のピックを探せ!〜』を見よう!

12月!クリスマスソング!いえ〜い!クリスマスソングばっかかかってますねお正月ソングってないんですかねお正月のが僕はエモいなって思うんですけど

 

まあそれは置いておいて

クリスマスにデートする皆さんは何をしますか?あ、ちなみに僕は9mm好きで集まって語り合う会にします。クリスマスに。クリスマスにすることか?

じゃらん調べによると、クリスマスにしたいデート1位は「イルミネーションを見に行く」ですって!ただの光る電球よ?アレ(恋人いるならちょっと行ってみたいです)

 

ノンノンノン、そんなんじゃないでしょ、一番したいクリスマスデートは

暖かい家でアメリカの映画見ながら飯食う

でしょ!!!!!!

絶対そうでしょ、洋画とか邦画っていうかアメリカノリのバカっぽい「アメリカの映画」見たいでしょ。ピザとチキン食いながらさあ。

そんなみなさまに音楽好きとしてオススメしたい映画がございます。

『テネイシャスD〜運命のピックを探せ!〜』です。もうバカっぽいです。いいですね〜

ぜひデートで見てください。続きます。

 

f:id:earphone_fuzzy_club:20171213030306j:plain

 

続きを読む

WANIMAが怖いのでここで皆で聞いてみようと思う

12月ですよ12月。

年の瀬。過ぎるな時間。もうちょっとこのままでいさせてくれ。

みんなは年末どうしますか?見るよね紅白。

僕はもっぱらガキ使より紅白派でして(家にテレビないんだけど)、今年は誰出るのかな〜って毎年ワクワクしてます。

んで、J POPとか演歌とかからじゃなく、バンド側といいますかサブカル側といいますか、そういう方面からも出演するアーティストがちょくちょくいるようになってきたじゃないですか。

2年前?だっけ?向井秀徳出たの。そういうの。

で、今年のバンド枠は誰かな〜って見たらSHISHAMOとWANIMAだって。大文字アルファベット縛りですか?

 

まぁSHISHAMOは前から好きだったし、いいんですけど僕実はWANIMAって聞いたことないんですよね。

DJイベントとかで流れて「これ誰?」「WANIMA」「ふーん(バーカウンターに行く)」くらいしかなくて。

ちゃんと再生したことはない。

 

紅白出るバンドなのに聞いてないのは俺としてはあかんやろということで、ここで聞かせてもらいます。この記事を書くことで初めて聴きます。

生の感想をお届けしたいと思っています。

続きを読む

おっさんが「若い子の音楽わかんないw」と嘲笑するのがムカつくので冷静に分析してみた

僕がめちゃめちゃ嫌いなものがあるんです。

「最近の若い子の音楽わかんないw」っていうおっさん。

いるよね〜いるいる。飲み屋とかで平気で言われる。そして長々と昔は良かった話をされる。YouTubeであとで聞いてやるから武勇伝までは言わなくていい。帰ってiPhone割って黒電話使ってろな。

このブログで敵は作りたくないからあまりヘイトに溢れる文章を書きたくなかったのだが…これにはちゃんと言いたいことがあって。

 

歴史というのは案外素直なもので、音楽においてもそれは当てはまる。

食べ物を漬けるという文化があるから明太子が生まれて、明太子スパゲティができたのと一緒で、明太子スパゲティだけいきなり世に現れたわけじゃないのはわかるだろう。明太子も明太子スパゲティもどっちも美味しいでいいのに。

音楽も、”昔の”音楽があるから、”若い子の”音楽が生まれていて決してかけ離れたものではなく、地続きだしそんなに理解しがたいものではないと思うのだ。

まあ「理解できない」だけならまだいいんだけど、「理解できない」という自分の無力さを”若い子側”のせいにするのはちゃんちゃらおかしいと思うのだ。

「明太子をスパゲティに入れるのよくわからない。入れた人の発想がやっぱりわかってないよね〜w」て言うのはおかしい。「自分の舌が時代に追いつかなくなった。悲しい」というのが恥ずかしくて人のせいにしてるだけじゃないか。加齢を盾にして文化の進化を否定するのはやはりいただけない。

 

と、ここまでは完全にヘイトで書きました。該当した皆さんすみません。”おっさん”という存在自体は僕は愛くるしいと思います。これからは自分の加齢を恥じず、人のせいにするのをやめてください。

 

僕は僕で、理解できない音楽と出会った場合、「なぜ気に入らないのか」を分析しようとする。

ここで思いとどまった。

「最近の音楽は〜w」と嘲笑するおっさんたちは、なぜ気に入らないのだろうか。

それを分析してみようと思う。

今日の議題は「おっさんが若い子の音楽を聴けない理由はなぜか」だ。

 

続きを読む

チャットモンチーの解散をただ嘆くだけでいいのか

natalie.mu

ついにきましたね。チャットモンチーの”完結”

このブログでもちょくちょくチャットモンチーの名前は出してたんですけど、チャットモンチーって凄いんですよ。

現代における”ガールズバンド”の常識を作った偉大なバンド。

 

PRINCESS PRINCESS以降のガールズバンドってちょっとマニアックなんですよね。中ノ森バンドとか少年ナイフとか。キャッチーなんだけど、評価の広がりは音楽玄人の間にあったような感じがする。雰囲気だけど。

お茶の間に、普通に中高生が聞くガールズバンドってのを作ったのはチャットモンチーだと思います。

 

で、知ってる人も多いと思うんだチャットモンチー

でも非楽器演奏者とかなら「シャングリラ」とか「風吹けば恋」とかそこら辺で留まってる人もいると思うんです。

いい機会なので魅力を改めて語りつつ、果たして「解散(完結)悲しい(T_T)」で終わっていいのかというところを考えてみましょう。

 

続きを読む

”超えてない”アイドルっていないんじゃないの?

むらたかもめ氏の記事を読んで「なるほどな〜わかる〜」となったので書きます。

www.ongakunojouhou.com

 

ことの発端(?)はこちら。BiSHのMy landscape

www.youtube.com

かっけ〜〜〜〜〜な〜〜〜〜〜〜

「女性ボーカルが好き」「ロックサウンドが好き」「アイドルが好き」とか関係なく一回聞いてほしいですね。僕はアイナ推しです。

 

この楽曲、パフォーマンスが大変良いということで「アイドルを超えた」「アイドルのクオリティではない」というコメントが出て

「アイドルを超えた」という発言はアイドルを馬鹿にしている発言ではないか?(まあそう言ってるやつはこれからアイドル沼に沈むけどな)ということ。

続きを読む

僕は次世代ガールズバンドとして「羊文学」を推していくことにしましたが

皆さんはどうですか?

 

現在のガールズバンドでキテるのはyonigeとかリーガルリリー、音楽玄人にはCHAIとかがウケてますね。

そんな中僕が推していきたいのが「羊文学」というワケ(羊文学はドラムは男性だけど)

 

普通に良いところとかを紹介していけたらなって思います。

結論から言うと、他の女声バンドと比べたときの羊文学の良さは「怖さ」です。

 

続きを読む

ブクガの『言選り』を聞いて現代音楽の最先端を見た

音が開く音、夢の鍵
切れた街、終わらない景色
朝の夜が消えてゆくの
通り雨は君の終わり

時計台の鳥は壊れて
その匂いを眺めてるの
影は白が傘を刺して
青い穴を眺めてたの

皮膚の裏側の白い
部屋で夢を語る あの日の4時に

夏の夕立 愛とか悲しみとか切り出して
箱にそっと閉じ込めた。ベッドの中、揺れた笑顔も

街を償う煙の光
冷たい人の窓が降る
涙に刺す青いカーテン
神社の裏側の過去は

濡れた顔の悲しみに
触れた季節 窓と美しい嘘

朝の光が冷めてく 優しい窓、壊してく
零れた夢を助けても、続きは扉が塞いでる

 

 

素晴らしいので急いで書き起こしました。

歌詞はサイトにありました。

Maison book girlの『言選り』という新曲の歌詞です。

www.youtube.com

これ、AIが作詞したんだってさ。やばくない?

続きを読む